恋愛は周りが見えないって本当ですね

学生時代は、淡々としていて恋愛に興味がないように周りから思われていたところがありました。
実際はそんなことは会いません。普通の人並みに興味はあったのですが、機会がなく、だからまじめな人と思われていたわけです。
そんな私にも、機会が巡ってきて、いつも自然に隣にいてくれるいつの間にかそばにいてくれる人が現れたのです。
こそばゆいような、これで私も普通になれたというような。ただ、傲慢で傍若無人なカップルにはなるまいとも思っていました。
ところが、付き合いが時間が経ち自信を持つようになると、彼氏と私の共通の仲間内でも、目立たないながらもさりげなく仲の良さをアピールしていました。
彼氏が出来るまでは、自分たちだけの世界を作り上げるカップルがどうしようもく恥ずかしいと思っていたのに、自分も似たようなことをしていたわけです。
それほど素敵な彼氏でないのに、目いっぱい甘える彼女。恥ずかしい。
恥ずかしいけれど、同じことをしていたわけです。恋愛中は自分たちを客観的に見ることは本当に難しいことだと思いました。


動脈硬化

動脈硬化の原因や症状、改善方法などをお届けしています。
www.doumyakukouka.info/